コンポスト化反応の再構成


水生植物(オオカナダムモ)のコンポストから、セルロース分解菌としてThermobifida fsucaを単離した。滅菌した水生植物にT. fusucaを添加しても、コンポスト化反応の進行の指標である炭素変換率は上昇しなかったが(A)、滅菌していない水生植物にT. fusucaを添加すると、反応は速やかに進行した(B)。これは、原料中にT. fusucaのの働きを助ける微生物が存在することを意味しており、その検索を行ったところ、Ureibacillus thermosphaericusが単離できた。滅菌した原料にT. fusucaUreibacillus thermosphaericusを接種したところ、コンポスト化反応は良好に進行した(C)。