図 コーンスターチの繰り返しCCSSF 

トウモロコシデンプン50 g、乾燥重量として6 gの耐熱性酵母(Saccharomyces cerevisiae TJ14)、α-アミラーゼ及びグルコアミラーゼ各2000 units、YP培地(1% 酵母エキス, 2% ペプトン, 0.5% 二亜硫酸二カリウム)65 mLをアクリル製円筒形反応槽(内径10 cm)入に入れ、37℃の恒温チャンバー内で8 rpmで回転させた。槽内エタノールが40 g/kgに達した時点でヘッドスペースのガスを-10℃の凝縮塔と47℃の加湿槽に循環させ、循環速度を調節して槽内エタノール濃度を30〜50 g/kgに保った。デンプンが8割消化された時点でデンプン40 g追加して発酵を継続した。
詳細は以下の論文を参照のこと。
C. Moukamnerd, M. Kino-oka, M. Sugiyama, Y. Kaneko, C. Boonchird, S. Harashima, H. Noda, K. Ninomiya, S. Shioya, and Y. Katakura. (2010) Ethanol production from biomass by repetitive solid-state fed-batch fermentation with continuous recovery of ethanol, Appl. Microbiol. Biotechnol. DOI 10.1007/s00253-010-2716-y